2018年8月29日水曜日

何もしない時間の豊かさを味わう





今回のParisの旅は夫と息子も同行だった為
本来なら買い物大好きな私ですが、それを封印し
家族との時間を優先することにしました。




日曜の朝は大好きなラスパイユのビオマルシェに行き
新鮮なフルーツ、チーズ、移動式オーブンで焼いたチキン
パンなど買い込み、セーヌ川でピクニックをしました。

          

目の前を行き交う遊覧船を眺め
息子に目につく新しい物の名前を教えたりと
ゆっくりとした時間でした。



日本に居ると
朝、忙しなく息子に朝食を食べさせて保育所に送り
夕方、限られた時間で、お迎え、家事をして
就寝させるというパターンですが



美しいParisでのんびりとピクニックをして
家族団欒の時間を持つことに
些細なことですが、小さな幸せを感じました。




セーヌ川だけでなく
リュクサンブール公園、ボージュ広場、サンジェルマンアンレー
にもピクニックに出かけました。




多くの人が同じようにのんびりと芝生に座って楽しんでいて
これらの場所にはとても良い「気」が流れているような気がしました。




緑の上で何もしなくても楽しく、心が満たされて
このような気分になるのは
美しいParisだからだと思いました。




2018年8月28日火曜日

オートクチュールレッスンを受ける前に




ちょうど2週間前にParisで
Asami先生のオートクチュールレッスンを受講しました。



年に1回のAsami先生から
同じ空間で学べる貴重なチャンスですので
1秒たりとも無駄にはしたくありません。



今回は日本からParisへ直行するので
そのままでは初日はマイナスのコンディションから
ゼロの状態に戻すだけで終わってしまうと思いました。



そこで到着して直ぐにホテルの部屋で
プレタポルテレッスンを受講することにしました。
結果、正解でした。



オートクチュールレッスンの初日は
マイナスのコンディションでのスタートでは
ありませんでした。



10数時間のフライトというのは
身動きが取りにくく
身体を固くし
筋肉が驚くほど衰えます。



この間は100歩位しか歩いていないと思います。



オートクチュールレッスンを
3日以上取る方には不要な策ですが



それ未満のレッスン数でしたら
オートクチュールレッスンを
有意義にする為に
プレタポルテレッスンを
事前に取られることをお勧めしたいと思います。

2018年8月26日日曜日

Asami-Paris セミナーに参加して






たった今、セミナー受講が終了しました。

Asami先生のレクチャーと
美意識が高く知的な参加者の皆様の発言を交えて
とても良い「気」が集まる場所でした。

生活水準の高い日本ですが
何故か生きにくかったり
軸の無い生き方が主流になっていたりと
自分の軸をしっかり持っていないと
マイナスの方向へ簡単に
引っ張られ易いことを再確認しました。

そんな中で自分の軸を持って凛と生きるヒントが
沢山詰まったセミナーでした。

セミナーが終わった瞬間から
エネルギーを満タンにチャージされたような
そんな晴れ晴れとした気分になりました。

良い気に触れて自分の気の状態の確認をする。

これがとても大切なことだと改めて思いました。


2018年8月22日水曜日

Parisでお会いした美しき3名の女性達





先週はParisで1年に1度の至福の時を過ごして来ました。



そこでお会いした3名の女性達に大きく感銘を受け
大きく自分のマインドを変えることになりました。



Asami先生、
新しくコンサルティングチームに入られたGabrielさん、
そしてメールだけやりとりしていた私のメンター的存在のMさんの
3名です。



3名に共通するのは美しく、意志の強い瞳を持ち、
そして将来のビジョンをしっかりと持って
着実に進めておられることです。



そして「こうなれば良いなぁ。」ではなく
「◯◯する。」と断言されるところが
すでに大多数の人とは違うのです。



目標に到達するには、その為の細かなプロセスを
用意周到にしているかどうかは問題では無く
「◯◯する。」と自分に強く断言することが
大事なのだと思います。



地図を見て、目的地を決めて、そこへ行こうと強く願えば
本能という方位磁針が到達方法を
教えてくれるような気がします。



目標設定をして、直ぐに直感で浮かんだ2つの事を
帰国後、急遽始めることにしました。



その1つはAsami-Parisコースです。



今、私は新しく始める2つのことのお陰で
ワクワクした気持ちでいっぱいです。



Parisで感じた高揚感が帰国後も
ずっとエネルギーとして残っています。



これからどんな事が起こるのか
とても楽しみです。







2018年8月5日日曜日

パリのお気に入りスポット4





4つ目はヴォージュ広場です。



建物の中に色々なブティックが入っていますが
一番のお気に入りは
フランス王室御用達であった
紅茶専門、ダマンフレールです。



フレーバーティーがどれも素晴らしく
飲む香水のようです。



天井から床までギッシリと並べられた缶から
量り売りして貰えます。

                                     
                           photo: via Dammann freres' website



デパートで効率良く買い物をするのも良いですが
のんびりとヴォージュ広場でブティックを
覗きながら買い物をするのも楽しいと思います。








2018年8月3日金曜日





Asami先生のサロンへ訪問する度に思うのですが
美しく整えられた空間に
清められた気のようなパワーを感じます。



同じく、私のお気に入りの
唐津にある老舗旅館も
訪れるたびに同じような気のパワーを感じます。


実際にAsami先生も、旅館の女将も
毎日丁寧に拭き掃除をされているので



お掃除をする事で
空間に気をコーティングする
力があるのだと思います。



気をバリアのように巡らせておくと
繊細な感覚を持って生きる事に繋がり
小さな変化を見逃さない様にしたり
心がざわつくような出来事を
早めに予見し
通常より余裕を持って対処する事が出来ます。




ハイヒールを日常生活に取り入れるには
走る事は厳禁なので
何事も前もって用意をし、
余裕を持って行動することが必要になってきます。




更に余裕を持って行動するには
日々の生活の中で起こる小さな変化を見逃さず
必要な対応を取る事が求められますので



自分の周りを常にクリアにしておき、
繊細な感覚を持ち、丁寧に生活していこうと思います。

            













2018年8月2日木曜日

旨味






食事を作るときはアミノ酸など化学調味料の旨味を
摂らないようにように気をつけているのですが



先日、最高級の昆布で取ったスープを
レストランでいただいた時に
なんだか出汁の味が物足りなく感じました。



どうしてこのように味覚が鈍くなってしまったのか。
思いついたのが
職場の近くで取るランチのスープが
化学調味料の味がとても強かった事でした。



少量とは言え、化学調味料を毎日摂ると
本物の味が分からなくなり、驚きました。



以前、友人から色々な産地の塩
こだわりのバルサミコ酢や
コールドプレスのオリーブオイルを
売っているお店を教えて貰い



いくつか買ったのですが
1番感動したのがフランスの塩でした。



fleur de sel という、塩の花で
日本ではゲランドやカマルグの塩
としてお店で見かけると思います。



この塩はしっかりと旨味があり、
肉料理全般にとても合いますので
フランスに行く度に
スーパーに立ち寄って買って帰るアイテムです。



自然からの旨味を取り入れて
食生活を豊かにしていきたいと思います。



                    photo:via Guerande Tourism