2018年1月18日木曜日

赤色の持つ力


Asami-Parisのコンサルティングメンバーは

師匠のAsami先生のように、赤い口紅、

赤いソールのクリスチャン・ルブタンの

ハイヒールを愛用している方々が多いと思います。


赤は他の色と違ってパワーのある色で

元気が欲しい時、自分にパワーがある時に

赤い服を着たくなり、

逆に疲れていると手に取りたくない

服の色であります。


赤は女性性のシンボルカラーであるとも思います。


よく言われているのが、

普段ヌーディ―な口紅を使っている方は

デートで赤い口紅に変えて、お相手に

美しいサプライズを与えると良いということです。

赤い口紅に女性性が強調されて、

より女性が美しく見えるのだと思います。



以前メイクアップアーティストの

専門学校に通っている時に、

クラスメートと一緒に、

ボランティアで老人ホームで

女性入居者の方々へメイクをしに行った時の事です。



アルツハイマー病を患い、

遠くを見つめたままの女性達に

赤い口紅を塗って差し上げると、

パッと頬を赤らめ、目に輝きが戻り、

少女のように楽しげな姿に大変貌されたのです。


赤色は記憶が薄れていった方々にも、

瞬時に女性性を思い出させる程、

力があるのだと確信しました。


Asami-Parisに入門するまでに

気付かなかった事ですが、

赤は女性として、

美しく歳を重ねていく為に、

使うべき色です。


赤い口紅とレッドソールのハイヒールは
私が美しく成長し続ける為に、
これからも必要不可欠なアイテムで
あり続けると思います。