2018年1月24日水曜日

ハイヒールと母指球

Asami-Parisのレッスンでは
母指球に体重に乗せることが基本の動作になります。

レッスンを開始するまで
母指球の存在すら知りませんでした。

最初は母指球の事を
足の親指の第一関節の膨らんだところだと
暫く勘違いしていました。

母指球の写真を検索すると
すぐに分かりますが、
足指を上に反らせた時にボコッと飛び出る
親指の付け根の辺りです。

スポーツでフォームを作る時も
母指球に体重を乗せる、
母指球重心が基本になっているようです。

母指球の役割とは、歩く時の蹴る動作をしたり、
衝撃を吸収することです。

歩くということは、体重と身体が動く力が働き、
足腰に負担が掛かります。
間違った歩き方をすると、足腰が痛くなったり、
不必要な筋肉が発達して見た目が悪くなったりします。


母指球から着地をする歩き方というのは
歩く事で起こる、体への衝撃が
回避されるのです。


では母指球から着地するには
どうすればよいのでしょうか?

答えはハイヒールで歩く事です。

なぜなら、フラットシューズやスニーカーは
底が平らな為、どうしても踵からの
着地になってしまいます。

でも、ただハイヒールで歩けば良いのではありません。

街中でハイヒールで歩く人の殆どが、
踵からガツッと音を立てて着地し、
そしてバランスを取るために
蟹股で歩いています。

母指球から着地する為には腹筋の引き上げ、
蟹股ではなく、脚を真っ直ぐ前に出すことも
不可欠です。

そして着地すると膝の後ろを
ぐっとプッシュし、
母指球で地面を蹴って歩くことが
正しく母指球を使った歩き方なのです。