2019年1月10日木曜日

歩き方が悪くてもレッグラインが綺麗な人



                                      photo: we heart it


Asami-Parisのハイヒールウォーキングでは
踵から絶対に着地してはいけないのが
基本です。


見た目の美しさが損なわれ
さらにO脚になりやすいからです。



しかしネットでセレブウォッチングをしていると
非の打ち所がないスタイルのスーパーモデル達は
踵から着地をしています。


                             Photo: ellegirl, modelpress



何故彼女達はO脚にならないのか
疑問に思っていました。







去年の夏にParisのセーヌ川沿いでピクニックをした時に
ヨーロッパ系の少女達がサイクリングをしていました。



川岸から道路へ上がる急な坂道があったので
日本ならこの傾斜であれば
みんな自転車を降りて押して上がるだろう
だから彼女達もそうするに違いないと予想していました。



彼女達の自転車は観光客向けのレンタルの物で
ギアが付いているようなものではありませんでしたが



予想を裏切り、彼女達は平坦な道と変わらない様子で
お喋りしながら楽々と坂道を上がって行きました。



筋肉の付き方や質の違いを見せつけられた気がしました。



そして、ヨーロッパ系の人々が
O脚にならないのもこの筋肉の違いが原因ではないかと
思うようになりました。


筋肉がしっかりしているので
悪い歩き方にレッグラインが影響を受け難いのだと思います。



一方、日本人の筋肉は他の人種に比べて
発達しにくく
そして弱いように感じます。




そのせいで、意識を持って正しい歩き方をしなければ
O脚になりやすい楽な歩き方になってしまうと思います。



だからと言って生まれ持った性質を嘆いたり
そのせいで美しいレッグラインを諦めてしまうのではなく



正しい歩き方を意識して
筋肉の弱さを克服することを常に考えていきたいと思います。



毎日の努力の積み重ねで
Asami-Parisのコンサルティングメンバーの方々は
レッグラインをどんどん美しく変えておられるので



日本人でも美しいレッグラインを持つことは
可能であると思います。