2019年8月28日水曜日

声に大きさと深みを


 
彼女の声を聴いたことのない方は
どんな声か想像が付くでしょうか?



Asami-Parisのコンサルティングでは
声の出し方を習います。


お腹の底からはっきりと響く声を出す練習です。


日本語は口先だけを使って話せてしまい
また女性は甲高い声を良しとする傾向が有るので
私は気を抜くと小さくトーンの高い声で
話してしまいます。


今回の帰省でのフライト中
クルーの方が飲食物のオーダーを
取ってくださる時
1回目は発声の意識が抜けたまま答えて
先方に聞こえなかったので



それ以降はお臍より下の辺りから
夫のモノマネで太い声で答えて(笑)
丁度良い具合でした。



エンジン音のする、うるさい席でしたが
発声方法を意識して答えると
相手の方にきちんと聞こえます。



意識だけでは充分効果が出ない場合
身近な男性や宝塚スターの男性役の
声をイメージして発声する位で
丁度良い様です。


私は無意識で話をすると
ついつい声のトーンが上がって話してしまうので
この根深い癖にはかなり意識を入れなくては
いけません。


外国の方の話し方はどうでしょうか?


以下の動画は
リラックスした雰囲気で
インタビューに答えるカトリーヌ・ドヌーブさんです。


声が下へ落ちるような話し方で
落ち着いて聞こえます。



https://youtu.be/PofLEGb6Lsc



もし彼女が多くの日本人女性達のように
可愛く上ずった声で話せば


彼女が長年培った
計算して演出している女性美というのは
即座に吹っ飛んでしまうでしょう。


それ位声の印象というのはとても大切です。


はっきりとしたクリアな口調で
自信を持って堂々と話す。


そして上ずった声が
女性らしさではないという事を理解する。


これが目下の私の課題です。







 







2019年8月23日金曜日

目力



ロンドンのPortobelloというエリアに
子供にフレンドリーな
イタリアンの美味しいお店があると聞き
ディナーを食べに行きました。


私の息子はまだまだ
お行儀よく食事することが難しく
そうかと言ってあまりカジュアル過ぎて
美味しくないレストランにも行きたくなかったので
雰囲気の良いこのレストランを見つけた時は
ここに行こう!と決めました。


お店に着くと雰囲気もお洒落で
地元の人も来ている
人気店のようでした。


イタリア人のご一家が経営していて
息子にもスタッフの方が常に微笑み掛けてくださり
私達夫婦もほっとしながらお食事を頂きました。


食事中に地元の方と思われる男性に
話し掛けられました。


イギリス人にはちょっと珍しい
フレンドリーさが少し行き過ぎた方ではありましたが
悪い人では無さそうでしたので
軽く合わせて聞いておきました。


するとレストランのマネージャーの奥様である
30代位のマダムがさっと私に寄ってきて

「Madam, does he annoy you?]
(マダム、あの男性があなたを
不快にさせていませんか?)


と真っ直ぐに私を見つめて仰いました。


あまりの彼女の目力の強さに
思わずひるんでしまう程でした。


若いころのソフィア・ローレンにそっくりの
黒髪の彼女は
イタリア人らしく真っ黒に日焼けし、
太いリキッドのアイラインがしっかりと入り
リップはベージュなのか色味がない物を
塗っていらっしゃいました。


色味の無いリップがさらに彼女の目力を
強調しています。



彼女の真剣で強い眼差しは
「必要ならマダムの為に
私があの男を追い出してやりますよ。」
と言っているのが分かりました。


「大丈夫です、ありがとう。」とお伝えして
そのまま食事を続けました。



とても格好いい彼女に惚れ惚れとしましたが
同時に彼女は一般的な日本人男性の好みと
正反対であろうと思いました。



日本では彼女の様に見た目も中身も強い女性を
恋愛対象として好意を持つ男性は少ないでしょうし


そんな男性の好みを気にして
強い女性に憧れる女性も少ない気がします。


しかしながら自分らしさを無視して
周りの評価や好みを重視するのは
大変もったいないことだと思います。



男性好みの私になるのではなく



自分らしさを満喫している私を
好きになってくれる男性を選ぶ。



そんな風潮が日本にやって来ると
随分と色々な事が変わってくるのではと思います。


























2019年8月22日木曜日

ロンドンの旅


ロンドンの旅は今回で3回目です。


素人ながら効率良く快適に過ごす為に
気付いた事をシェアしていきたいと思います。


拠点にするホテルは
是非ケンジントン地区がお勧めです。
観光やショッピングに便利で
治安も良いと思います。


しかしながらハイシーズンも重なり
少し高めなのが夫は不満なので
快適さと良心的な値段を備えた
こちらのPark international Hotelにしました。

観光都市のホテルで
そこそこ良い条件になると
値段が高くなってしまいますが

快適さはある程度確保しておくべきだと
思います。



グロスターロード駅からすぐで
高級スーパーのWaitroseや、Sainsbury’s も
近所に有り、ちょっとした買い物にもとても便利です。

このホテルのあるCromewel Rdは
白亜のイギリスらしい
素敵なホテルが並んでいるので
お好みの美しいホテルに是非行かれる事を
お勧めします。


初回は高くても
一度泊まるとプロモーションのお知らせが
頂けるので
後にお得な値段で泊まれる事が多いようです。


朝食を終えたらお店や美術館等が開くまで
是非お散歩にお出掛け下さい。


少し歩くと美しい緑地が直ぐに現れ
イングリッシュガーデンが楽しめます。



パワフルなbig cityでありながら
直ぐに美しい緑地にアクセスできる

これが私にとっての
ロンドンの最大の魅力です。













2019年8月21日水曜日

海外旅行の道中を美しく過ごす為に 2



前回の続きですが
更に美しさを目指して出来る事


それは荷物を減らす事も
挙げられます。

私はハンドバッグと
キャリーケースを
機内に持ち込むのですが

特に貴重品を入れる手荷物は
小さい方がレディーライクで美しく
動作も美しくなります。


小振りのハンドバッグが良いと思いますが
子供がいる方なら
小さめのショルダーバッグで
手が空く様にすると
美しさと利便性のどちらも取れます。


しかし小さなバッグでは
物が充分に入らないので


必要最低限の物が入り
なるべくコンパクトなサイズの
バッグにするという
条件を満たす為に



財布やコスメポーチを
極限まで小さくする事が
大切になってきます。



そしてファッションは
ワンピースにハイヒール


機内で座席にもたれたり
気圧の変化でお腹が張り易いことより
ウエストで切り替えるツーピースより
ワンピースが良いでしょう。


ハイヒールはこちらの記事で書いた通り
ファッションを
底上げするアイテムですので
是非履きたいところですが



フライトでは浮腫みが心配ですので
後日フライトで脚が浮腫まない様にする
対策について書きたいと思います。







2019年8月20日火曜日

自分が変われば周りも変わる



昨日まで夫の帰省でイギリスにおりました。


世の奥様方の多くと同様に
私も夫の故郷、家族が苦手で
毎年帰省が憂鬱だったのですが
今回はとても楽しいものになり
自分でも驚いています。


ここ1年程心のメンテナンスの為
思考グセの改善にコーチングを受けたり
ブログを読んだり
自分をもっと大切にしてきましたが


それがこの旅に結果として
現れたと思っています。


まず、夫の家族が皆んな
人が変わった様に
優しく接してくれ


苦手な夫の故郷でも少し郊外に出ると
意外と楽しめる所が
色々と有りました。


今回はロンドンまで足を伸ばし
短時間でしたが
次回ゆっくり観たい所も沢山見つけました。


実のところ
「私はロンドンよりパリが好き」と
決めつけて全く目が見えてなかったのです。


心のメンテナンスをして
自分の思考を客観的に見る癖をつけ
自分を大切にする


これだけで
周りが大きく変わるものなのだと
自分で気づけた事は
大きな成果であると思います。










2019年8月16日金曜日

ロンドンで鍼灸初体験



私は近年心のメンテナンスを重点的にしており
好んで読んでいるブログも
そのような事が学べるものが多いです。


そのブロガーさん達の内のお一人が
ロンドンで鍼灸のクリニックを
開業していらっしゃり


ロンドン滞在中に
コーチングのセッションと鍼と
セットでお願いしました。



私は長年原因不明の体調不良が有り
どこの病院でも原因不明で
これはメンタルや思考癖に
問題が有ると思っていたので



気の流れを体調と関連付ける
東洋医学が良い解決策だという考えに
辿り着きました。


ロンドン郊外にある
この方のクリニックには
電車で移動でしたが遅延が有り


予約時間に間に合いそうも無く
メールで車中から連絡すると



「大丈夫です。」と
直ぐにお返事を頂いたのですが
その時この方のポジティブな強いエネルギーを
感じました。



その方にお会いすると
とても柔らかな雰囲気で
仙人の様な
達観したオーラの有る女性でした。


先ずは四柱推命と
この方のお持ちのスピリチュアルな視点からの
アドバイスがありました。


生年月日と生まれた時間だけしか
お伝えしていないのに


私の家庭環境から起こる私の思考グセ
それが影響して起こる体調不良等
思わぬアドバイスを頂けました。


その後、鍼をして頂いたのですが
ハイヒールウォーキングで
頭をプッシュして歩くお陰か
首の筋肉がとてもしっかりしていると
お褒め頂けました。


私は絶え間無く急いで考え事をしているので
何も考えない時間を1日数分作るようにと
宿題を頂いて帰りました。


そうするとピンっと起こる閃きを
キャッチし易くなるそうです。


自分の事なのに
自身の心身の事が解っていない場合
このように東洋医学にヒントを頂くというのも
一つの選択肢で有ると思います。










2019年8月12日月曜日

Yukiko さんとのexchange


今月は同じAsami-Paris コンサルティングチームである
Bell PassionのYukiko さんとティーチングの
exchange lessonを行いました。


Yukikoさんは
ほぼ毎日ブログを更新され
ご自分の確固たる美の基準を持ち
美しく生きることに
ストイックに向き合っていらっしゃいます。



レッスンをご一緒したのが
今回で2回になりました。


安心してレッスンを受けられる安定感
小さな癖も見逃さずご指摘してくださる正確さと
Yukikoさんはハイレベルな
ティーチングスキルをお持ちです。


レッスンでは
筋肉がしっかり使えた充実感が有り


サラサラの汗が出て
お肌がツルツルになるという
嬉しい効果も有りました。


Yukikoさん、美しいひと時を
ありがとうございました。








2019年8月11日日曜日

海外旅行の道中を美しく過ごす為に



私が最も美しくない時は
海外旅行の道中であり


子供と旅をする様になってから
益々悪化していて
何とかこれを改善したいと
常々思っています。


まず、旅はエレガントに行うと
強く決意をし
美しくない事項を
消去していくことにしていきました。


一つ目に美しくないのが
大荷物を余裕無く抱えて
移動する事です。


私達夫婦は大小4つのスーツケースに
ベビーカー、小さな子供と
移動するのですが
一度夫の主張で電車で移動し
混んだ電車に乗った上に乗り換えまでして
心底ウンザリしました。


そこで自宅からかなり離れた空港まで
自宅まで来てくれる乗合タクシーを使ったり
空港バスの乗り場までタクシーを使うことに変え
グッと楽になりました。


この結果
スーツケースの数を気にしなくて良くなったので
子供用のスーツケースを買うことが出来
自分のスーツケースに子供の物を
キチキチに詰め込んでいたことから
解放され、綺麗にパッキングを
する事が出来ます。


二つ目は狭い機内で
必要な物を取り出しし難かったり
足元に置いた物で身動きが取り難いことです。


今回思い付いた対策案は
各自で中身が見易い小ぶりのバッグを用意し
フライト中に使うアイテムを入れ
S字フックで座席前に引っ掛ける事です。


ゴミ用の袋も同様に引っ掛けます。

これで座席周りを
整理整頓した状態にキープでき
何度も頭上から荷物を取り出さなくて済みます。


次回に続きます。













2019年8月8日木曜日

身軽に生きる為に


また私の苦手なパッキングをする機会が
やって来ました。


明日から夫のイギリスの自宅に帰省をします。


予めエクセルで作ってある
定番の持ち物リストに
必要な物を追加して詰め込むのですが
それでも30分で終わった事が有りません。


今回はロンドンまで遊びに行くので
電車のプリペイドカードを探していたら
暫く出て来ませんでした。


カードは専用のケースに
まとめて入れているのですが
そこに入れていなかったのです。


決めた場所に戻さなかった
自分の甘さを恨みました。


探し物をしていて思い知らされたのが
物が多過ぎて
探すのに時間が掛かるということです。


後でパソコンに入力しようと
貯めたメモが引き出しに
ある程度溜まっているのも気になりました。


「後で」がいつなのか
明確にしておく必要が有ります。


帰国したら徹底的に

捨てれる物や後回しにしているものを
片付けようと決意しました。



夏のパッキングでは
服がコンパクトにスーツケースに
収まるのが救いです。


パッキングがほぼ終了した時に
何となく気になったのが
現地の気温です。


夫の地域は初夏でも雹が降ってくる等
時々想像もつかない天候になる為
ヨーロッパが猛暑とは言え
念の為



「あちらの気温はどう?」と聞くと
「13℃」との回答が有り
絶句してしまいました。


せっかくパッキング完了間近でしたが
後でコートを投入です。



身軽に生きるとは
物を減らし物事がスムーズに出来るようにし


思わぬことが起きても対処できる
余裕を持つ事で有ると思いました。



※8/9〜8/19までお休みを頂きますので
お問い合わせのお返事が遅くなります事を
ご了承くださいませ。









2019年8月1日木曜日

ブログにご紹介頂きました



Paris在住の人気ブロガー、ミカリュス様
私のレッスンをブログ内でご紹介してくださいました。


会員専用の有料ブログ「玉手箱プレミアム」内でのご紹介ですので
ご紹介文をここでお見せする事が出来ませんが


ミカリュスさんは去年にParisでお会いしてから
私の心の成長を温かく見守ってくださり
 
 
「もう機は充分熟しているわね。」と
私を信用して大切な読者様に
素敵な紹介文と共に
私のレッスンをご紹介してくださいました。


そして直ぐに数名の読者様から
応募を頂くことが出来ました。
 
 
ミカリュスさん、師匠のAsami先生、
Team Asami-Parisの皆様、
素敵な友人達に応援や学びをいただき
 
 
このようにサロンワークを広げられることに
感謝の気持ちで一杯です。
 
 
このプラスのエネルギーを循環させるべく
クライアント様に喜んで頂けるよう
日々励んでいきます。