2018年12月16日日曜日

揺るがない私の美意識





私は元々美しくなりたいという気持ちは強かったものの
どのように努力すればいいのか良くわかっておらず
美とはかけ離れた存在であったと思います。



私が前より美しくなってきたと実感できるようになったのは
Asami-Parisのレッスンを始めてからです。



Asami先生はハイヒールの歩き方以外に
直接こうしなさいと仰いませんが
ただ、レッスンを受けているだけで
美に対して自分で考えることが
できるようになってきました。



美に対して軸の出来上がっていない私でしたが
レッスンを受けてから以下のことを決めました。



・普段から10センチ以上のハイヒール着用
・スカートを着用
・歩く時の1歩1歩に美意識を抜かない
・常に何事も美しいかどうかを意識する



たったこれだけの事ですが
レッスン受講前と大きく自分の内外が変わったと
思います。



何気なく生きるのではなく
常に毎日が舞台の本番のように美意識を持って生きる。




これが自分の人生を豊かに、美しくすることであると
思います。











2018年12月15日土曜日

成り切ってみる





私は普段、グルテンを極力取らず
食生活を厳しく制限しているのですが




土曜日は好きな食べ物を
頂く日にしています。



時々Parisが恋しくなるので
土曜の朝はパリジェンヌに成り切って
Parisに居る時の朝食を作ります。




バターたっぷりのパンは
日本では見つけられないので
フランスから輸入した
冷凍クロワッサンとパンオショコラを
オーブンで焼き



ドイツのミュンヘンにあるお店の
お気に入りのコーヒーを淹れて
カフェオレを作ります。




そして季節のフルーツを
用意します。



フランスのラジオ、radio classicを聴き
パリのアパルトマンに居るかのように
優雅な気分で朝食を頂きます。




2歳の息子に「マミー!」と
呼ばれて彼のペースに持っていかれてしまう為
束の間のパリジェンヌですが




それでもめげずに
束の間のパリジェンヌに成る為
毎週末はParisの朝食を用意しようと思います。




何か手に入れたい物があれば
既に手に入れているかのように振る舞ってみる。




成功している方や
速いスピードで進化している方が
決まって仰る事ですが




この成り切りパリジェンヌの習慣が
私の生活にどう変化をもたらすかも
見ていきたいと思います。


2018年12月8日土曜日

ハイヒールレッスンを受けて変わった事





3年程前にAsami−Parisのウォーキングレッスンを受けてから
私の中で変わった事。


歩き方が大きく改善されたのは当然の結果ですが


マインドに関して


美により厳しい基準を持つようになった事


そして物事をより厳選し
シンプルに生きようとするようになった事です。



今まで何気無く使っていた
それほど気に入っていない物に
はっきりと嫌だと思うようなり



たくさん持てば良いと思っていた
洋服などの所有物を
出来る限り数を絞って軽やかに生きたいと
願うようになりました。



マインドが変わると


自分を取り巻く環境も


交流する方々も変わります。



Asami−Parisのウォーキングレッスンは
単なるウォーキングレッスンでは無く



私の美意識を少しずつ高め
そして大きな変化をもたらすまでになりました。



一歩一歩を美しく歩く為に
最大限の意識をすることが
新たな世界へ繋がるステップであるとお伝えしたいと思います。
































2018年12月2日日曜日

ハイヒールコーチ Makiさん


                                                             

                                          photo:favim.com


先週の日曜日は同じAsami−Parisで
コンサルティングチームの一員であるMakiさん
ティーチングのエクスチェンジレッスンでした。



毎回各地のハイヒールコーチの方々と
skype越しにお会いする時は緊張の瞬間ですが
皆様の画面越しでも圧倒される
強い美しいオーラを拝見するのが
同時に楽しみでもあります。




Makiさんはブログから
産前産後の1番エネルギーが消耗する時期にもかかわらず
美に対してストイックでいらっしゃることが
容易に読者からみてもわかります。




ですが画面に現れたMakiさんは
そんな厳しさを他人には感じさせず




元々の美しさに
爽やかな笑顔、太陽のような強いエネルギー
クリスタルのような澄んだ声で
フレンドリー且つ
大変人を惹きつける魅力の持ち主でした。




レッスンは無駄なくコンパクトで
45分間をクライアントの為に
最大限のレッスン効果を
出してもらおうとされているのが
よく分かりました。




そしてレッスンの途中から
私のO脚のラインが真っ直ぐに変わってくるのが
容易に分かりました。




これは歩く時に使うべき筋肉を使い
使ってはいけない筋肉を使わないで
いた時だけに起きる現象です。




エクスチェンジレッスン初回にも関わらず
大変完成度の高いレッスンを提供された
Makiさんの努力に敬意を表したいと思います。



ハイヒールで美しい歩き方の習得のみならず
太陽のような強いポジティブなエネルギーを感じたい方に
Makiさんのレッスンをお勧めしたいと思います。

















2018年11月24日土曜日

細部にまで気を配る大切さ


Asami-Parisコースを取ってから、
一瞬一瞬を更に美しく生きる為に
より努力をするようにしていますが



新たに自分に課したミッションは
所作により気を配ることと、整頓することです。




一日の時間を一番多く使う職場では
ドアの開け閉めの手の添え方、物の持ち方




そして、忙しくなると机の上に増える物が
きちんと真っ直ぐに整って置いてあるように
最低限心掛けています。




この机の上の物を常に整えて置くようにすることは
忙しい時には少々煩わしく思うこともありますが




余分な時間が少々掛かっても
仕事の出来が前より良くなったと感じます。




その理由ですが
同時進行でいつくか仕事を進めるときに必要である
頭の中の整理整頓に繋がっているような気がします。




職場では幾ら取り繕って自分を良く見せようとしても
忙しくなると素が出てしまうのを避けられませんが




普段より、細部にまで気を配って仕事をすることにより
仕事の出来上がりの質を高めたり
美しい所作でエレガンスを持ち続けて




それが自分自身を高めることと
周りからの信頼を得るということの
大きな結果を得られると思います。



余談ですが
11月から支店を異動し、リノベーションしたての
大変綺麗なオフィスで働いていますが




美しく整った環境で、このミッションを行うのは
よりし易いと感じています。




美しい環境というのは、美しくなる為に
大変大きな利点だと一層感じておりますので



自分の居る場所を常にベストな美しい状態に
しておかなくてはと思います。














2018年11月1日木曜日

ハイヒールコーチ Michiyoさん

                                                                      photo:favim.com

10月のティーチングエクスチェンジ レッスンは
Asami-ParisチームのMichiyoさんとでした。


Skype 越しに初対面した時に
美しいお部屋で、美しい笑顔でMichiyo さんは
いらっしゃいました。


毎回、エクスチェンジレッスンをする度に思うのですが
美しい方は美しく整えられたお部屋に
住んでいらっしゃいます。





師匠のAsami先生のレッスンを受けている
私から拝見しても
Michiyoさんのティーチングの質は高く
大変素晴らしいと思いました。



レッスンのクォリティ以外でも
特に素晴らしいと思ったのが
柔らかな笑顔で接してくださる中に
凛としていらっしゃるところ
そして所作がとても美しくいらっしゃるところです。



美しいハイヒールウォーキングだけではなく
エレガントな所作も習得したい。



そんな方に是非
Michiyoさんのレッスンをお勧めしたいと
思います。




2018年10月25日木曜日

客観的に見る大切さ





今、Asami-Parisコースで
習っている事は
客観的に自分を見るスキルだと思います。



1日の内、自分の行動が美しいかどうか考えずに
無意識で行動している時間というのは
意外に多いのだと気付きました。




歩き方はハイヒールレッスンで
何年も意識を入れるように
トレーニングをしていますが




話し方、
立ち振る舞い等
まだまだ改善の余地があります。



私が見る自分の姿は
意識して、静止した時に
チェックするのが殆どですが



他人が見る私の姿は
私が無意識で、そして動いている時が
圧倒的に多いのです。



ですから、いつも客観的に
自分を見る癖をつける必要があります。




以前、ある日本の女優さんが
ブログに書いてあったのですが
パリで歩いている時に
カフェにカトリーヌ ・ドヌーヴが居るのを見掛けたそうです。



彼女は自分が一番綺麗に見える座席を
光の射し方まで意識して選んで座っているのが
その日本の女優さんは分かったそうです。



美しい人は
そこまでこだわりを持って
丁寧に生きるようにしているのだと
気付きました。



客観的に自分を見て
如何なる時も、どんな角度からも
美しく見える事を意識すること。



漠然と生きずに
一瞬一瞬を大切に、美しくしていくことが
私の目標です。





2018年10月20日土曜日

スカート丈


                                           photo:cubeny



先日のレッスンでは
新しいワンピースで臨んだのですが
Asami先生から丈が少し長いとご指摘が入りました。



スカート丈は正しく選ばないと
実際よりも老けて見えたり
無理に若作りして見える原因になります。



前からスカート丈で注目しているのが
フランス大統領夫人の
ブリジット マクロンさんです。



現在65歳である彼女ですが
彼女のスカート丈は
若作りでも無く
アクティブで軽やかに
私には見えるのです。




彼女がもし膝を隠すスカート丈を選ぶなら
落ち着き過ぎて見え
歳の離れた夫との見た目のギャップを
強調してしまうでしょう。




また、余りにもミニ丈過ぎると
度が過ぎた若作りに見えたり
軽く見え過ぎて
好ましく無い男性達の目を引いてしまいます。



身長や体格、個性などいくつもの要素を考えると
一概にこの丈がベストだと言い切れませんが



素敵に見える女性達のスカート丈を
参考にしながら
自分にベストなスカート丈を見つけると
良いのではと思います。

                                                 
photo:Ellegirl





2018年10月16日火曜日

自分に革命を起こす



ある決断を先週の木曜日にし
アクションを起こしました。



半年以上前から
職場で私のエネルギーを無駄に奪う存在が有り
自分のエネルギーやオーラを高める事で
この状況を乗り切れると信じて対応してきたのですが



そうでは無いとやっと分かり
そこから去るという決断を行いました。



つい最近のAsami-Parisコースのセッションで
Asami先生に「Kumiさん、以前仕事で疲れると
仰っていましたが、どうですか?」と
いきなり質問をされました。



丁度その時に仕事でのネガティブな気持ちが
ピークだったのです。



Asami先生はサイキッカーなのかと
本気で疑うほどのタイミングで
驚いてしまいました。




ご自分に素直に生き、
直観を大切にされている方は、やはり違います。



とても敏感に感じ取る力があるのです。







もうこの職場を去りたい。



出来る限り努力はしたけれど
もう改善は見込め無い事。



来る筈の人が次々に来ない事。



私の苦労を知りながらも
職場を変えると
帰宅時間が遅くなり
子供に負担が掛かると
猛烈に反対する夫。




色々な要素が
グルグル頭を回っていたのですが
Asami先生から思いもよらない
言葉が返ってきました。




「Kumiさん、早くそこから去りましょう!」




先生なら
オーラを高めたらそんなことは起こらない
と仰ると思っていたので
意外なお言葉でびっくりしました。



最初は、そう簡単に決断出来ないと思いましたが
考えている間に、これでもか!と
どんどんとネガティヴな事が起こって来るのです。



そこで、もう何も改善は期待出来ないと気付き
その瞬間から出て行くアクションを起こしました。



今は全て準備を済ませて
結果を待っている状況です。





世の中では
「嫌なところから去っても自分で克服できるまで
場所を変えてそのことが繰り返し起こる。」
ですとか



「嫌な人がいると思うからその人が
あなたの思考通り嫌な人であり続ける。」
等という考えがあります。



しかしながら「逃げるが勝ち」
という状況もあります。



今回の件で、
私は美しくある為に
自分のエネルギーを無駄に浪費しないで
立ち去ることを選びました。




これによって
皺寄せになって出てくる問題もありますが
自分が決断したことに
責任を持って対処していこうと思います。



そうすることによって
自分が大きく飛躍できると信じています。




















2018年9月23日日曜日

なぜ美しく在りたいのか





ハイヒールレッスンを受けていると
「とても美意識が高いのね」などと言われますが
なぜ私は美しく在りたいのかを今回は書いていきたいと思います。



まず、10代後半から20代には
同性から美しいと認められたいという気持ちが
美しく在りたいと願う原点でした。



それからはボーイフレンド、夫となる人を意識して
美しく在りたいと努力していました。



そして今ですが、誰の為でもなく
自分の為に美しく在りたいという気持ちだけに
変わりました。



自分を大切にし、以前の自分に比べて
美しさのレベルを上げることに
とても幸福な気持ちになるのです。



美しさと幸福さというのは
私の中では同じものに感じます。



美しく在る為にはこうしなくては
と以前なら思っていましたが



今では、どれだけ自分が心地よく感じるか
美しいと思えるかが、行動の基準になっています。



近頃、歳を重ねるにつれて
綿密なプランや、弛まぬ努力だけでは
解決できない困難なことがあると分かってきました。



そんな時こそ、
いかなる時も美しく在るというマインドが軸となり
ネガティブなマインドに振り回されないように
私を守ってくれるのです。



「自分の為だけに美しく在りたい」
この気持ちは私らしく、快適に生きる為に
必要不可欠なものになってきており
だからこそ、常にそう願っているのだと思います。
















2018年9月19日水曜日

漠然と生きない大切さ


私と夫は夕食時に、今日はどうだった?と
話をするのですが、よくお互いに
「特に何もない1日だった。」と言ってしまいます。



しかし、毎日こうやって平和に毎日を過ごすことが
当たり前になってしまっているだけで
実際は奇跡が毎日起こっているのだと
再認識しなくてはいけないと思うのです。



毎日が奇跡が起こっている
特別な日であると実感することで
思考や行動が変わってくると思います。



まず自分の言動や、選ぶ物などに変化が
表れると思います。



自分にも他人にも丁寧に接したり
自分の出来る範囲で
美しい日常品を手に入れたりすることが
自然と出来てくるのだと思います。



漠然と生きないようにすると聞くと
人生に大きな目標を掲げなくては
いけないのかと思ってしまいますが



まずは毎日が特別な日であると認識し
出来る限り丁寧に生活することから始めても
良いのではないでしょうか。



そうするうちに
自分に合った人生の目標が
自ずとわかってくるような気がします。






2018年9月18日火曜日

ハイヒールコーチ Yukikoさん




今月、Asami-Paris コンサルタントチームの
Yukikoさんとのexchange レッスンがありました。
ハイヒールウォーキングの
ティーチングスキル向上の為に行うレッスンです。



画面が映るとそこには凛としたYukikoさんが
いらっしゃいました。



はっきりと通りながら穏やかな声で
とても指示が頭に入りやすかったです。



ダンスやスポーツの指示の
声やリズムというのは
人を育成する上でとても大切です。



また、生徒の弱点を素早く見抜き
様々なアプローチで弱点を克服するスキルも
きちんと確立されていらっしゃいます。



広島に在住の方は是非
Yukikoさんのオートクチュールレッスンを
それ以外の方はプレタポルテレッスンを
お受けされることを自信を持って
お勧めさせていただきます。



40代の方には特にお教えしたいという
熱意を持っていらっしゃいますので
是非、Yukikoさんにコンタクトを
お取りくださいませ。







2018年9月9日日曜日

ルブタンのハイヒールのパートナー



                                          

Parisに行く度に
少しずつ、ルブタンのハイヒールコレクションが
増えてきて、外出時にはよく履くようになりました。



そこで気になってくるのが一緒に歩く
夫の靴です。



夫はファッションに無頓着で
あまり他人に干渉したくない私でも
もう少し質の良い靴を履いて欲しいと思っていました。



そこで先月、Parisに一緒に来た彼に
靴を買うことにしました。



ルブタンのハイヒールには
ルブタンのメンズシューズが
ベストな組み合わせなのでしょうが
ファッションにとても敏感な男性しか似合わないと
思いましたので、別のブランドで探すことにしました。



Asami先生に教えていただいた
Parisのプランタンのmen’s の靴のフロアは
充実しており、大変選びやすかったです。



そこでイギリスの靴のメーカーの物を
2足選びました。



質の良い靴は大概イタリア製ですが
紳士靴においてはイギリスにも
良質な靴の産地が有ります。



Northampton(ノーザンプトン)というところで
Parisでも人気のJohn LobbやChurch’sもこちらの
産地のものです。



日本でもこのNorthamptonの
伝統的な製法の靴のファンがいて
靴を求めて旅行に行く男性達がいるようです。



肝心の夫は靴擦れしながら黙って履いていますが
彼は上質の靴と今まで履いていた靴の違いを
いつ気付いてくれるのだろうかと
私は興味深く観察しています。(笑)







2018年9月1日土曜日

12センチのルブタン





Asami 先生から、12センチの靴をそろそろ試しても
良いのではと仰って頂いていましたが



ルブタンの12センチのハイヒール、so Kateを
去年、日本のお店で試着した時に
あまりのワイズの細さで全く入りませんでした。



ルブタンの靴はワイズがBらしいのですが
私の足のワイズは典型的な国産の靴と同じEなのです。
ですのでルブタンの靴は、まだ木型がゆったりめの
10センチヒールが限度だと思っていました。



オートクチュールレッスンの際に
新しく買った10センチヒールを持参すると
Asami先生から、12センチを試されたらどうですか?
と再度ご提案を頂き、プランタンへ立ち寄ると
前日まであったルブタンのお店が
消えていました。(改装の為)



慌てて開いているお店を探して
ボンマルシェまで出掛けました。
ダメ元でso Kate を試着すると
何故か今回はスルッと入りました。



靴の個体差(伸びやすさ)は結構有りますので
同じデザインでサイズの靴も
数足試してみるべきだと思いました。



試着して立ち上がった瞬間に
近くにいた人達の視線を一気に集める程
パワーのある靴ですが


これでヨロヨロと軸が取れずに歩き出すと
せっかく崇高な靴のパワーで高めた自分を
一気に落とすことになるので
絶対に見せてはいけないと緊張感が走りました。



この靴は身体の軸がブレずに
軽やかに美しく歩けるまで
家でのトレーニングが必須です。



帰国して直ぐのレッスンでこの靴を履くと
身体の軸を取るのが難しく
普段履いている靴のヒールとの差の2cmを大きく感じました。
レッスン後に筋肉痛になる程
履きこなすのが難しい靴です。



Asami-Parisのメソッドの全てのポイントを
きちんとクリアできない限り
この靴で美しく歩く事は無理なので
この靴は試験官の様な存在です。










2018年8月29日水曜日

何もしない時間の豊かさを味わう





今回のParisの旅は夫と息子も同行だった為
本来なら買い物大好きな私ですが、それを封印し
家族との時間を優先することにしました。




日曜の朝は大好きなラスパイユのビオマルシェに行き
新鮮なフルーツ、チーズ、移動式オーブンで焼いたチキン
パンなど買い込み、セーヌ川でピクニックをしました。

          

目の前を行き交う遊覧船を眺め
息子に目につく新しい物の名前を教えたりと
ゆっくりとした時間でした。



日本に居ると
朝、忙しなく息子に朝食を食べさせて保育所に送り
夕方、限られた時間で、お迎え、家事をして
就寝させるというパターンですが



美しいParisでのんびりとピクニックをして
家族団欒の時間を持つことに
些細なことですが、小さな幸せを感じました。




セーヌ川だけでなく
リュクサンブール公園、ボージュ広場、サンジェルマンアンレー
にもピクニックに出かけました。




多くの人が同じようにのんびりと芝生に座って楽しんでいて
これらの場所にはとても良い「気」が流れているような気がしました。




緑の上で何もしなくても楽しく、心が満たされて
このような気分になるのは
美しいParisだからだと思いました。




2018年8月28日火曜日

オートクチュールレッスンを受ける前に




ちょうど2週間前にParisで
Asami先生のオートクチュールレッスンを受講しました。



年に1回のAsami先生から
同じ空間で学べる貴重なチャンスですので
1秒たりとも無駄にはしたくありません。



今回は日本からParisへ直行するので
そのままでは初日はマイナスのコンディションから
ゼロの状態に戻すだけで終わってしまうと思いました。



そこで到着して直ぐにホテルの部屋で
プレタポルテレッスンを受講することにしました。
結果、正解でした。



オートクチュールレッスンの初日は
マイナスのコンディションでのスタートでは
ありませんでした。



10数時間のフライトというのは
身動きが取りにくく
身体を固くし
筋肉が驚くほど衰えます。



この間は100歩位しか歩いていないと思います。



オートクチュールレッスンを
3日以上取る方には不要な策ですが



それ未満のレッスン数でしたら
オートクチュールレッスンを
有意義にする為に
プレタポルテレッスンを
事前に取られることをお勧めしたいと思います。

2018年8月26日日曜日

Asami-Paris セミナーに参加して






たった今、セミナー受講が終了しました。

Asami先生のレクチャーと
美意識が高く知的な参加者の皆様の発言を交えて
とても良い「気」が集まる場所でした。

生活水準の高い日本ですが
何故か生きにくかったり
軸の無い生き方が主流になっていたりと
自分の軸をしっかり持っていないと
マイナスの方向へ簡単に
引っ張られ易いことを再確認しました。

そんな中で自分の軸を持って凛と生きるヒントが
沢山詰まったセミナーでした。

セミナーが終わった瞬間から
エネルギーを満タンにチャージされたような
そんな晴れ晴れとした気分になりました。

良い気に触れて自分の気の状態の確認をする。

これがとても大切なことだと改めて思いました。


2018年8月22日水曜日

Parisでお会いした美しき3名の女性達





先週はParisで1年に1度の至福の時を過ごして来ました。



そこでお会いした3名の女性達に大きく感銘を受け
大きく自分のマインドを変えることになりました。



Asami先生、
新しくコンサルティングチームに入られたGabrielさん、
そしてメールだけやりとりしていた私のメンター的存在のMさんの
3名です。



3名に共通するのは美しく、意志の強い瞳を持ち、
そして将来のビジョンをしっかりと持って
着実に進めておられることです。



そして「こうなれば良いなぁ。」ではなく
「◯◯する。」と断言されるところが
すでに大多数の人とは違うのです。



目標に到達するには、その為の細かなプロセスを
用意周到にしているかどうかは問題では無く
「◯◯する。」と自分に強く断言することが
大事なのだと思います。



地図を見て、目的地を決めて、そこへ行こうと強く願えば
本能という方位磁針が到達方法を
教えてくれるような気がします。



目標設定をして、直ぐに直感で浮かんだ2つの事を
帰国後、急遽始めることにしました。



その1つはAsami-Parisコースです。



今、私は新しく始める2つのことのお陰で
ワクワクした気持ちでいっぱいです。



Parisで感じた高揚感が帰国後も
ずっとエネルギーとして残っています。



これからどんな事が起こるのか
とても楽しみです。







2018年8月5日日曜日

パリのお気に入りスポット4





4つ目はヴォージュ広場です。



建物の中に色々なブティックが入っていますが
一番のお気に入りは
フランス王室御用達であった
紅茶専門、ダマンフレールです。



フレーバーティーがどれも素晴らしく
飲む香水のようです。



天井から床までギッシリと並べられた缶から
量り売りして貰えます。

                                     
                           photo: via Dammann freres' website



デパートで効率良く買い物をするのも良いですが
のんびりとヴォージュ広場でブティックを
覗きながら買い物をするのも楽しいと思います。








2018年8月3日金曜日





Asami先生のサロンへ訪問する度に思うのですが
美しく整えられた空間に
清められた気のようなパワーを感じます。



同じく、私のお気に入りの
唐津にある老舗旅館も
訪れるたびに同じような気のパワーを感じます。


実際にAsami先生も、旅館の女将も
毎日丁寧に拭き掃除をされているので



お掃除をする事で
空間に気をコーティングする
力があるのだと思います。



気をバリアのように巡らせておくと
繊細な感覚を持って生きる事に繋がり
小さな変化を見逃さない様にしたり
心がざわつくような出来事を
早めに予見し
通常より余裕を持って対処する事が出来ます。




ハイヒールを日常生活に取り入れるには
走る事は厳禁なので
何事も前もって用意をし、
余裕を持って行動することが必要になってきます。




更に余裕を持って行動するには
日々の生活の中で起こる小さな変化を見逃さず
必要な対応を取る事が求められますので



自分の周りを常にクリアにしておき、
繊細な感覚を持ち、丁寧に生活していこうと思います。

            













2018年8月2日木曜日

旨味






食事を作るときはアミノ酸など化学調味料の旨味を
摂らないようにように気をつけているのですが



先日、最高級の昆布で取ったスープを
レストランでいただいた時に
なんだか出汁の味が物足りなく感じました。



どうしてこのように味覚が鈍くなってしまったのか。
思いついたのが
職場の近くで取るランチのスープが
化学調味料の味がとても強かった事でした。



少量とは言え、化学調味料を毎日摂ると
本物の味が分からなくなり、驚きました。



以前、友人から色々な産地の塩
こだわりのバルサミコ酢や
コールドプレスのオリーブオイルを
売っているお店を教えて貰い



いくつか買ったのですが
1番感動したのがフランスの塩でした。



fleur de sel という、塩の花で
日本ではゲランドやカマルグの塩
としてお店で見かけると思います。



この塩はしっかりと旨味があり、
肉料理全般にとても合いますので
フランスに行く度に
スーパーに立ち寄って買って帰るアイテムです。



自然からの旨味を取り入れて
食生活を豊かにしていきたいと思います。



                    photo:via Guerande Tourism 





2018年7月23日月曜日

美しいコミュニケーションを取るには




私は恥ずかしながら
コミュニケーション能力というのが
あまりあるとは思えません。

先日、
コンサルティングチームのメンバーの間で
人気の占星術の先生に
見ていただいたところ
私の生まれてきた目的というのは
コミュニケーション能力を磨くことだと
教えていただきました。

確かに、日本語を一切話さない夫と
海外で暮らした経験が無い私が
結婚した事も
その目的の為に
組み込まれたプログラムの
1つなのだろうと思います。

ではコミュニケーションの上手な人とは
どんな方なのか。

あるサークルに入っている方が
新しくイギリスから引越してきた
日本人女性である新メンバーの方の
コミュニケーション術に
大変感動したと言うのを聞きました。

彼女は限られた時間の中で
ミーティングに参加している全ての方に、
何方にも差し障りの無い話題を振り
話し掛けていたそうです。
そして皆に好印象を与えていたと聞きました。

もう少しその様子を知りたいなと
思っていたところ
こちらの素敵なブログ記事を
見つけました。

きっとこの新メンバーの彼女も
同じ要領で会話をされるのだと思います。

kikaが見た 英国の超マダム

会話を自分の話から始めたり
会話中に自分の話ばかりをするのではなく
「私はあなたにとても興味が有ります
あなたのおはなしを聞かせてください。」
という態度で示す大切さを知りました。

人を受け入れようとする態度というのは
良い人間関係を作る基本だと思います。

先のサークルに入ってきた女性も
このブログのイギリス人マダムも
日本人とイギリス人の違いはありますが
イギリスで生活していたとことで
共通点が有ります。

イギリスではマナーと品格の有る方は
このようなコミュニケーションの取り方を
小さい時から躾けられているのだと思います。

そしてサークルの日本人女性の様に
成人してから渡英した人は
周りのこのような人々を見て
学び取っているのかもしれません。

私は夫の実家に帰省した時や
夫の仕事がらみのパーティーで
大勢の人と会いますが、
中々、全員と満遍なく会話することが
出来ていません。

ですが、最初はぎこちなくても
この2人の女性の様になろうと
決意を新たにしました。




















2018年7月22日日曜日

パリのお気に入りスポット3

パリのお気に入りスポット3では
日本でも店舗がある、Maison de Familleをご紹介します。

グレイッシュなベージュの美しい
インテリアデザインがお好きな方にお勧めです。

パリのマドレーヌにあるお店は大きく
1階、2階とあり
日本ではあまり見かけない、
美しいナイトガウンなどの取り扱いもあります

店員のマダム達はテーブルコーディネートが上手で
色々と相談に乗ってくださいます。

大型の家具は買えないので
小物ばかりの購入になりますが

美しいテーブルコーディネートや
リビングのソファの置き方など
勉強になるので必ず立ち寄るお店です。

住所:10 place Madeleine 75008 Paris




photo from mappy








2018年7月21日土曜日

外で歩く時に出来る悪い癖の取り方




ハイヒールウォークの練習を鏡で見てするのと
外で何も見ないで歩くのとは大分違っていると思います。

鏡が有ると悪い箇所を見つけて
さっと直しやすいのですが
外ではなかなか自分の悪い癖が出ると気付き難いです。

しかしガラス製のドアを通り抜ける時に
反射して映る脚の運び方を正面からさっと見たり

固いタイルや大理石の床を歩く時に
着地する音を聞いてつま先から着地
出来ているかを判断することができます。

カツンカツンと音がすれば確実に
ヒールから着地しているので
音から鋭さが消え、コトコトと音が変わるように
更に腹筋を引き上げて、つま先に意識を入れます。

そして爪先が真っ直ぐ前を向かずに
揺れ始めると上半身の軸が崩れているので
肩甲骨に意識を入れます。

疲れが出ると骨盤を不必要に動かして
歩いてしまう癖が私には有りますが
鏡が無くても正しいフォームで
美しく歩けるように心掛けていきます。

2018年7月20日金曜日

パリのお気に入りスポット2

Asami-Parisのハイヒールウオーキングはスポーツなので
レッスン後はしっかりとタンパク質を採り
体のケアを行います。

今回はそれにピッタリな
パリにある、私のお気に入りステーキレストランを
ご紹介します。
Le Relais de l'Entrecote

パリには何店舗か有りますが
私が行くのはサンジェルマンデプレの駅から
直ぐの所です。

駅を出て直ぐのサンジェルマンデプレ教会と
有名なカフェ、Les Deux Magot の間の道をセーヌ川方面に
歩き,一つ目の四つ角を
左に曲がった所です。

オープンの30分前には長い行列が出来ているので
直ぐに分かります。

席に着くと、肉の焼き加減を聞かれ
ウエイトレスさんはテーブルクロスにそれを書きます。
そしてそれぞれの焼き加減のお肉が乗ったカートが
テーブルへ廻ってきます。

サラダ、ステーキ、フライドポテトがサーブされます。

日本の霜降りのステーキとは違い
歯ごたえがあり、赤身のものですが
それに合う、こってりしたソースが特徴です。
グレービーソースにサワークリームを混ぜているのでしょうか
とても美味です。

ステーキとポテトのお代わりが1回無料でありますが
私は直ぐにお腹一杯になり、まだ一度もしたことがありません。

しかしフランス人のスリムな年配のマダムは
お代わりをし、さらに優勝トロフィーのような
大きなパフェをデザートに召し上がっていました。

フランス人の若々しさとエネルギッシュさは
このような食欲で成り立っているのかもしれないと
思いました。

                                            Le Relais de l’Entrecôte
        







2018年7月19日木曜日

夏のハイヒールウォーキング

ハイヒールウォーキングのフォームが
崩れる時というのは身体の軸がブレる時です。

寝不足もこの大きな原因ですが
夏ならではのマイナス要因があります。

それは冷房です。

私は職場でも自宅でも冷房の効いた中にいるのですが
思った以上に冷えから身体が凝ります。
そして身体の筋肉のバランスが大きく崩れます。


先日、冷房により首と肩がガチガチになり
頭痛がして慌てて掛かりつけの
カイロプラクティックの先生に診ていただきました。


筋肉をほぐし、骨の位置の調整をしていただくと
大分落ち着いたのですが
職場のきつい冷房にさらされると
またジワジワと肩が痛くなってきています。

冷房はこの猛暑に不可欠なので
なるべくやめましょうとは言えません。

その代わりに湯船に浸かったり
長袖のカーディガンを部屋で羽織ったりして
筋肉が冷房で凝り過ぎて
身体のバランスが崩れないように
気をつける必要があります。

また、夏は歩くフォームが崩れやすいということを意識して
肩甲骨をいつも以上にグッと張ることを忘れないように
歩いていきたいと思います。







2018年7月15日日曜日

美しいフランス女性の生活を知る






フランスに行った事が長い間ありませんでしたが
興味だけはずっと有り
フランスの女性を取り上げたエッセイを
よく読んでいました。

今は執筆活動をお休みされているようですが
フランス語の通訳、翻訳をされている
伊藤緋紗子さんとおっしゃる方の
出版されたエッセイを一通り読みました。

伊藤さんの文章だけでなく
彼女自身もとても美しくてエレガントなので
ずっと惹きつけられて読んでいたのだと思います。

題材は、元駐日フランス大使夫人から
フランスでスキャンダルになったらしい
高級娼婦の館の女主人まで様々でした。

中でも私の1番のお気に入りは
ヴァンドーム広場にある宝石店
ショーメの美術館の館長をその当時していた
プランヴァル元伯爵夫人の日々の生活を
紹介したものです。

マダムはパリに住み
責任ある仕事を任されて忙しい毎日を過ごしていますが
金曜日の夕方には仕事から直接
モンパルナスの駅へ向かいます。

そこから電車でノルマンディーの別荘まで行き
週末をガーデニングなど自然に触れる事で
本来の自分らしさを取り戻し
翌週もパリで仕事をするエネルギーを
チャージするようです。

エレガントに生きるには
心を常に穏やかにする必要がありますが
生きていると、心がざわつくような出来事を
完全に避けることはできません。

どうそれを受け止めて
ポジティブに消化して行くのか。

伊藤緋紗子さんの本では
随所に書かれています。

芯を持って繊細に生きる。
でも必要な時には図太くなる事も
必要であると書いていらっしゃいます。

こちらの 本では
自分に正直に生きる大切さ
エイジングも受け入れて
ポジティブに捉える様子も書かれています。

また、安定した心を持ち続けて行くには
丁寧に美しく生活していくことも
大切であると気付かされます。

ハイヒールでの一歩一歩を
確実に美しくすること。

これが私が丁寧に美しく生活していくことの
基本になり、全てに繋がって行くのだと
思います。

                                           

ノルマンディーにある、ボタニカルガーデン





2018年7月11日水曜日

パリでのお気に入りスポット1



あともう1ヶ月もすればAsami先生の
オートクチュールレッスンを受けにパリへ
行きます。

レッスンが最大の楽しみでありますが
パリ滞在の1週間は1年で至福の時です。


パリで必ず立寄る場所を少しずつご紹介
していきたいと思います。

まず日曜日の午前中に有る
ラスパイユのビオマルシェ
(オーガニックフードの市)です。
場所はメトロのレンヌ駅を上がって直ぐです。





焼き立てのガレットを食べたり
新鮮なフルーツを買って
旅行中のビタミン不足を補います。

野菜もとても大きく伸び伸びと
育っていて、地元の人達が
小さなカートを持って来て
食材を真剣に品定めしています。




お店の人にどんどん質問しながら
買い物を進めていく人々を眺め

どんな食べ物がパリの台所で
作られていくのだろうと想像するのも
楽しいひと時です。

          
ご興味のある方は
こちら


 





2018年7月9日月曜日

最短で美しく幸せになる方法

 サン・ジャン・カップ・フェラにある
ロチルド(ロスチャイルド)邸




Asami-Parisのコンサルティングメンバーは
ティーチングスキルアップの為、定期的に
メンバー同士で練習をしています。

ここ数ヶ月でroseさん neneさん カトリーヌさんと
レッスンする機会に恵まれました。

それぞれ違った環境におられるのですが
共通するのが、才色兼備で、
愛情を持って教えておられる事、
そして美意識がとても高い事です。

練習の時に初めてお姿を拝見し
お話をさせて頂くのですが、
毎回、皆様のあまりの美しさに
息を呑んでしまいます。

レッスンの後に
少しお話をさせていただくのですが
時間を気にしなくて良いのなら
もっとお話したいなと
思わずにはいられない程、
魅力的な方々です。

その後に気付いたことなのですが、

美しくなりたいと思うのなら
美しいと思う人に
自分から近づいてみる

幸せになりたいと思うのなら
幸せそうだと思う人に
自分から近づいてみる

そしてその方々の素敵な習慣や
ものの考え方を自分なりに
取り入れてみることが最短で
美しく幸せになる方法だと思いました。



2018年7月8日日曜日

パリへの道

ノルマンディー地方



今でこそ年に1回のパリでのバカンスは
定番になりましたが
社会人になってから毎年1人で
海外旅行をしていたにも関わらず
フランスでの旅行は軽犯罪が多く、
英語も通じないと聞いた為に
長い間旅行するのをずっと避けていました。

ある日、カナダ東部を周遊し
フランス語圏の雰囲気が良く
フランス本国はどんなところなのだろうと
急激に興味が湧いて来ました。


私は世界の車窓からという
5分ほどのTV番組が好きで
スペインからニースを通る電車の車窓が
特に印象深かったことと、
パリより小さな街であることを理由に
ニースを初フランスの旅の場所に選びました。

フランス人の先生に語学のマンツーマンレッスンを
3ヶ月していただき、フラツーというフランスの
旅情報サイトで観光客が巻き込まれる
犯罪パターンを全部把握して(笑)向かいました。

フランスに着いて思ったのが、
こんな楽園みたいな国が
あったなんて!という驚きでした。

食べ物は美味しく、景色は雑誌FIGAROの
旅特集の写真そのもので、あっという間に
虜になってしまいました。

運良く人気ブログのPrunierのTOMOさんや
パリっ子のランゲージエクスチェンジパートナー
に親切にしてもらい、
ニースから周辺の色々な街へ1人で旅をしたり
パリからランゲージエクスチェンジパートナーと
車でディエップに行ったり、リヨンへTGVで半日旅行をしたりと
益々フランスに魅力を感じていきました。

そのお陰で
パリでのAsami先生のオートクチュールレッスンも
パリという距離感に対してなんの躊躇いもなく
見つけるとすぐに申し込みました。

これからもフランスに益々魅力を感じ
エネルギーチャージに訪れ続けると思います。

         

2018年6月29日金曜日

貴女のハイヒールはジャストサイズですか?




ハイヒールウォーキングを教えるスキルを持つと
ハイヒールを履いた、街ゆく人々や
イベントに出席している有名人の足元に目が行きます。


今日ネットニュースで見たのはこちらです。
メーガン妃がいつもビッグサイズの靴を履いている理由


婚約発表をお庭で行われて
終了してお帰りになる後ろ姿を見て
なんとなく歩き方に安定感がないように
感じたのですが
敢えて大きなサイズの靴を履いてらしたということで
納得しました。

有名人になって四六時中たくさんの人に
見られる立場になると
靴擦れをして公務に差し障りが出てはいけないと
思われる気持ちもよく分かります。

私もパンプスで靴擦れの痛い経験が
過去にあったので、選ぶのは少し大きめで
柔らかいスエード製というのが鉄則でした。
そんな靴でも履き始めは踵が靴擦れし
長時間歩くと足の小指がちぎれるのではと
いうくらい痛みました。

今、ハイヒールの正しい歩き方を学んだので
10cmで、しかも固いエナメル素材の幅の細い
ハイヒールを普段履きにしています。
しかし靴擦れは全くありません。
その理由は足裏での体重移動の仕方が
以前と全く違うのが大きいと思います。

正しい歩き方をするにはピッタリとフィットする
靴が必要です。
何故なら、靴の中に隙間があると靴の中で足が泳いで
要所要所でしっかりと脚と足に力が込められない
からです。

靴擦れを避ける為に大きなサイズの靴を選ぶのでは無く
靴擦れになるような歩き方を避ける為に
ジャストサイズの靴を選ぶという考え方が
広まると良いと思います。

正しい靴の選び方が気になった方は
靴のサイズ選びについて綴られた
Seikoさんのブログ記事を是非ご覧ください。






2018年6月27日水曜日

ヒール1cmの差




去年の12月に3足目のルブタンを買ったものの
その後、脚の浮腫みで履くことができませんでしたが
やっと最近になって足が入るようになりました。

普段は9cmのセルジオ ロッシを履いているのですが
たった1cm高いだけのルブタンを履くと
一つ一つのハイヒールウォーキングの
動作の難易度が一気に上がります。

昨日は久々にこの10cmのルブタンで出勤しました。


毎朝晩、鏡で脚の形のチェックをしているのですが
その晩に鏡で脚を見て驚きました。


デスクワークの為、ほんの少しの通勤時間でしか
歩いていないにも関わらず、膝の間の隙間が驚くほど
減り、O脚が改善されていました。


たった1cmのヒールの差ではありますが
9cm以下と10cm以上では大きな差が有ります。


まず、つま先からの着地をする際に
10cm以上のヒールですと
つま先から地面までの距離が伸びますので
しっかりと腿が硬くなるまで
つま先をグッと伸ばしてから着地ができます。

他にも腹筋をより一層引き上げる必要が
出てきたりしますが


このつま先から正しく着地する動作が
9cmヒールではしっかりと出来ておらず
10cmヒールではとても行い易かったのが
短時間でのO脚改善に役立ったのではと
思います。

私は既に身長が174cmもあるので
10cmのヒールはファッションの観点からは
特に必要は無いのですが

美しく歩いたり
脚のラインを美しくしたりするという
ハイヒールの恩恵を受けるには
10cm以上のハイヒールは必須であると
改めて思いました。








バリエーションの呪縛からの解放



ハイヒールレッスンを受けてから
私のファッションで大きく変わったのは
服を以前より買わなくなった事です。


それまでは、服をあれこれ買っても
ファッションコーディネートが
決まらず、更に買うという
悪循環を繰り返していました。

また、日本のファッション雑誌では
バリエーションが無ければいけない
今年の流行アイテムを
買わなければいけないという
価値観を強くプッシュしているもの
この状況を長びかせていたと思います。


ハイヒールレッスンを受けてから
流行は何であれ、ハイヒールをベースに
ワンピース
真冬はタイトスカートと
薄手のニットという
定番ファッションが確立しました。

何故ならハイヒールを履くだけで
コーディネートがランクアップして見えるので
何を着ても満たされずに
新たな服を探し続けるという状況が
無くなったのです。


私が装いが素敵だなと思う方々も
ご自分を最高に美しくする定番ファッションを
持っていらっしゃいます。

例えばアナ ウィンターはたくさんの服のオファーが
あっても、ベージュのハイヒールにワンピース
ボリュームチョーカー、ボブヘアに
大きなサングラスという
定番スタイルを貫いています。
師匠のAsami先生もワンピースにルブタンの
ハイヒールが定番のスタイルです。


また、NHKの白熱教室でおなじみの
シーナ アイエンガー教授によると
人は選択肢が有り過ぎると
選ぶ事にストレスを感じ始めるそうなので
服も含めて何事も適度な数にしておくのが
特に時間の無い働く母親には必要な事だと
思います。


無駄に服を買わず必要最低限のアイテムで
満足の行く着こなしができ
ハイヒールの恩恵を感じています。





















2018年6月23日土曜日

雨の日の楽しみ


          



今は梅雨の時期なので
雨は仕方がありませんが
雨の日ならではの楽しみがあります。

美しい傘をさす事と
香を焚く事です。

外国からの友人が来る度に
案内するスポットの1つに
京都の青蓮院というお寺があります。

青い蓮の襖絵と夏の夜間に行われる
ブルーのライティングが有名です。

ある日、フランスから来た友人を
連れて来たのですが、お天気に恵まれず
雨になってしまいました。

縁側からブルーのライティング、
襖絵を観たりしながら
部屋と部屋をつなぐ廊下を歩いていると
所々にさりげなく置かれている香炉から
とても良い香りが漂ってきました。

雨がシトシトと降る中にとても似合う
白檀の甘い香りです。

湿度が高く、
やや暗い空間にこの香りが漂うと
空間に奥行きが出ると言えば
いいのでしょうか
独特のしっとりとした世界が広がるのです。

これは湿気の少ない、からりとした青空の広がる
ヨーロッパや北米の気候よりも
日本のどんよりとした雨の日に似合います。


香の老舗、松栄堂で販売されている堀川という
香でした。

雨の日の週末は、この甘い香を焚き
ぼんやりと束の間を過ごすのが
ささやかな楽しみです。

2018年6月13日水曜日

美しさの基本






フランスのコルシカ島出身で
今はカリフォルニアで活動する
ヤスミナ ロッシさんという
60歳を超えたファッションモデルがいらっしゃり
日本のいくつかのwebsiteでも紹介されています。
instagram: https://www.instagram.com/yazemeenah

彼女はビキニでポーズを取っても
無理に若作りした感じは無く
寧ろ、活き活きとし、服飾品に頼らなくても
彼女自身から強い生命力を感じさせるオーラが
出ています。

艶やかな肌、引き締まった身体
活き活きとした表情と
圧倒的な美しさに目が奪われます。


どうやってその健康美を保っているのかですが
とてもシンプルでした。

新鮮なオーガニックの食品を食べ
スキンケアもナチュラルな物を取り入れ
自然に触れる機会を多く取り
健康的なライフスタイルを送っているようです。


「食べ物が人を作る」「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」
という事を当たり前過ぎて忘れてしまいますが
美しさの基本であると思います。

ハイヒールで美しく過ごす為にも
是非この基本を見直していきたいと思います。









2018年6月7日木曜日

「脱 よそ行き」のすすめ



                                            photo:favim.com

関西人は「よそ行き」という言葉を
多用すると思います。

これは、手持ちの物で一番上質の物
もしくは特別な時に使う物という意味です。


昔、憧れていたハイブランドの
美しいハイヒールを色違いで3足買い
いつか履こうとオブジェの様に
眺めていたことがありました。

しかし靴にも経年劣化は避けられず
ある時手に取ると
もう履けない状態になっていました。

この時に、良い物こそ「よそ行き」にせず
どんどん使うべきだと痛感しました。

また、Asami先生の美の哲学を知ると
常に最高の美しい状態を作るべきであり
よそ行きと通常の区別を作るべきではないと
思うようになりました。


「よそ行き」とは、物を大切にしようとする
思いが強く出過ぎた状況なのかもしれません。

しかし物は値段に関わらず
使ってこそ意味があります。


また、美しい物は、特別な時に使うのでは無く
普段に使って日々の生活を豊かに過ごすのが
物の本来の使われ方なのだと思います。

フランス文化のコラムを読むと
Art de Vivre (生活はアート)という言葉が
良く出てきます。


日々の生活にお気に入りのもの、
上質な物を取り入れてワクワク、ウキウキ
した気分で、人生を小さな喜びで満ち溢れたものに
しようという価値観をフランス人は持っているのだ
と思います。

お気に入りの物や上質の物を
大切にお手入れをしながら日々の生活に取り入れ
心豊かな時間を過ごしていけたらと思います。












2018年6月2日土曜日

家の中で靴を履くこと

今は廃刊になったファション雑誌に
ヴァンテーヌというイタリアのお洒落な
若い女性やマダムの着こなしを
紹介したものがあり
毎月楽しみに購読していました。

その中で読んだファッションコラムで
お洒落に熱心な日本人女性が
イタリアの女性に敵わないのは何故かという、
興味深い物が有りました。

一番の大きな理由は家できちんとした靴を
履いているか否かで
大きな差が出ているという事でした。

靴を家の中で履く習慣が有ると
朝起きたら直ぐに外に出れる身支度を
するからだそうです。

確かに靴を履かなければ
パジャマや部屋着で
家を出る直前まで過ごしがちに
なってしまいます。

Asami先生やコンサルティングメンバーの方々は
御自宅でもハイヒールで過ごされたり、
部屋着を持たない様にされていらっしゃいます。

私が南仏を旅行する度に泊まる
 Chambre d'hôteの美しいマダム、クリスチアンヌも
家の中で靴を履く女性であり
朝6時には美しく身支度を完了させ
ゲストの為にパン屋へ向かい
美しい朝食を用意してくださいます。

家の中でも靴を履くのは
日本では住宅の様式状
どなたにも可能では有りませんが

美しい女性は既に行なっている習慣であると
思います。



        クリスチアンヌが作ってくれる朝食








2018年6月1日金曜日

イギリス滞在記3



満開の八重桜に洋風のお城の組合せで
ここはどこ?と思われる方が
いらっしゃるかもしれませんが
ここはイギリスのヨークです。

家族の勧めがあり、観光に出かけました。

これはハイヒール愛好家の旅ですので
ハイヒールで街歩きをするポイントも
書きたいと思います。
ヨーク:ハイヒール難度 6/10点

義妹より、ヨークは道がデコボコだから
ハイヒールはやめた方が良いよと
アドバイスがありましたが、
ハイヒールでも歩けます。


ヨークの観光の中心部は
石を埋めて作ったデコボコの路地が有り
感じの良いアンティークや紅茶の計り売り等
古くから続いているようなお店が
両側にたくさん有ります。

時々お店の前には人だかりが有るので
避けて歩こうとすると歩道を降りてデコボコの
更に多いところを歩かなければいけません。

ハイヒールを傷つけ無いようにしながらでも
お店を見て歩くのは楽しいひと時です。


路地でウィンドーショッピングをしたり
お城の見学をした後は
是非Bettysでアフタヌーンティーを。


クラシックなインテリアのお店なので
ハイヒールにワンピース姿がとても
マッチします。


ヨークの街は
こじんまりとし、のんびりとした雰囲気で
ハイヒールでゆっくり街歩きするには
良いところでした。
























2018年5月29日火曜日

乱気流を抜けて思うこと



去年の11月からゴールデンウィーク過ぎまで
アンラッキーな事続きで、呼吸がしにくい様な
そんな気分で過ごしてきました。

家庭内でのトラブル、体調不良
職場でのトラブル。

ゴールデンウィーク前まで続いた
職場のトラブルから逃げるように渡英しました。

海外までこの不運は追いかけて
来ないだろうと思ったのが甘く

利用したエールフランスのストに
巻き込まれて、おまけにイギリスで
交通事故に遭いました。

最後は帰国すると頼んでもいない
通販の商品が配達されてくる始末で、

子供の頃に見ていたTVのコントで
頭上に金タライがすさまじい音を立てて
落ちてくるシーンが
これでもかと続く、私へのアクシデントの
フィナーレにピッタリだなと頭の中に浮かび
思わず笑ってしまいました。


この連続して起こる不運から何を
学び取るのかですが

既に持っている物に気付くという事でした。


問題があったけれど今は家庭の
トラブルが解決して良かった。

苦しかったけれど仕事の
トラブルが解決して良かった。

交通事故に遭ったけれど
相手がぶつかったのは一緒にいた息子でなく
私であり、その私もほぼ無傷であって良かった。

ストに巻き込まれ、座席はダウングレードしたけれど
予定通り帰国出来て良かった。

通販も無事送り返せて良かった。

今、思えば運が良いのだと思います。

もっと幸せになる為に
無い物ばかりを追い求めるのではなく
今の状況から恵まれている事にも
目を向ける事。

これがもっと幸せになる為の
原点であると気付かされた、一連の出来事でした。

       





2018年5月27日日曜日

プレタポルテレッスン



               
    

 skypeを利用してハイヒールウォーキングを行う
プレタポルテコースのご案内です。 

ハイヒールで歩いてみたいけれど
躊躇している方がいらっしゃれば
是非、1歩を踏み出してみませんか?

オンラインでのマンツーマンレッスンですので
サロンに通う時間も必要ありません。

忙しいけれど、美しさを諦めたくない
という美意識の高い女性にこそ
是非試していただきたいと思います。


プレタポルテレッスン初回

5,000円(90分)

プレタポルテレッスンを受講する前に
皆様に受けていただくレッスンです。
Asami-Parisを受講した方、エクササイズ実践編①
のビデオをお持ちの方はプレタポルテレッスン
から受講ができます。



 プレタポルテレッスン
   
                                                           1回:    3,000円                                              
          5回:  12,000円
               (レッスン時間 45分)



 レッスン日時はご相談くださいませ。

ご予約:eblouissantkumi@gmail.com

   skypeをダウンロードする→ 


キャンセルポリシー

●予約日時の24時間以内のキャンセルは
1回のレッスン消化とさせていただきます。



お支払方法

銀行振込
(入金の確認後、ご予約を確定します)





プレタポルテ初回レッスンの詳細

ハイヒールウォーキングはただ歩く練習だけでは
ありません。
まず基礎として、
■身体の柔軟性
      ■全身の筋肉を正しく使う事
の2つが必要になります。

入門編では
ハイヒールに必要なストレッチと
素足のエクササイズ
全て伝授します



プレタポルテコース詳細

 ■素足のエクササイズ
■ハイヒール実践編

の2部で構成されます。

素足のエクササイズでは
どの筋肉を、どのタイミングで動かすかを
習得します。
素足の状態でこの習得をしなければ
実際にハイヒールを履いた時に
上手く歩く事ができません。

このエクササイズを丁寧に
繰り返し行う事で、
ハイヒールで美しく歩く要点を
頭と身体にしっかりと記憶させていきます。


ハイヒール実践編では上記を元に実際に歩く
練習を行ないます。


ハイヒールを日常生活に取り入れると
多くの美しい変化が現れます。

まず、ハイヒールで美しく歩くというのは
一歩を踏み出すだけでも、視線、
頭のポジション、つま先の角度、
足の向き等、多くの事を
瞬時に考えて行わなくてはなりません。

数え切れないほど繰り返す
1歩1歩の踏み出しを
意識を入れて美しく行うのです。


これは私達の取り巻くすべての事を
丁寧に行っていくことにつながり

真面目に取り組むほど
考え方、環境、人生が
変わってくるのです。

Asami-Parisのハイヒールウォーキングの
受講者の皆様が既に経験をした
この素晴らしいハイヒールの恩恵を

美しく在りたいと願う女性に
循環することができることを願っています。


ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ
eblouissantkumi@gmail.com







2018年5月7日月曜日

イギリス滞在記2


ハイヒールウォーキングはスポーツである為
海外滞在中でも食事には気をつけます。

普段、私は日本ではなるべく生産者や個人商店から
食料品を買いますが、イギリスでは
大手スーパーマーケットチェーン
で買うのが主流のようです。

このスーパーマーケットチェーンを
クオリティ順に並べると
Waitrose 
Morrisons
Sainsbury
Tesco
ASDA
だと聞きましたが
それぞれの地域での店舗の大きさで
順番は前後する様です。

スーパーでは日本と比べて
オーガニックの食べものが揃います。

オーガニックのフルーツやベーコン
ギリシャヨーグルト
アイルランドのグラスフェッドの
乳牛のミルクから作ったバター
(とてもクリーミーで美味)
をありがたくいただきます。

小さな街に行くと、週末に
街の広場でマーケットがあったりするのも
楽しみの1つです。

Framinghamのマーケット


食文化では目立たないイギリスですが
健康で美味しい物を
少しずつ見つけて行くのも
滞在中の小さな楽しみになっています。